ホーム規約・条例・規則・要綱等 > 審査委員会 > 兵庫県市町村職員退職手当組合審査委員会規則

兵庫県市町村職員退職手当組合審査委員会規則

昭和30年8月15日規則第2号

(委員会)

第1条 組合に審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(組織)

第2条 委員会は、委員11人をもつて組織する。ただし、必要があるときは、組合長が別に委嘱する臨時委員を加えることができる。

(委員)

第3条 委員は、組合長が組合会の同意を得て委嘱した委員11人をもつてあてる。

2  委員の任期は、2年とする。ただし、委員が欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員長)

第4条 委員会に、委員長を置く。

2  委員長は、委員の互選による。

3  委員長は、委員を代表し、会議を主宰する。

(権限)

第5条 委員会は、組合長の委託を受け、次に掲げる事項を調査し、その結果を組合長に報告しなければならない。

(1) 条例、規則等の解釈及び、運用に関する疑義について

(2) 退職手当の裁定に関する疑義について

(3) 退職手当の裁定に対する異議申立について

(4) その他組合長が必要と認める事項について

(招集)

第6条 委員会は、委員長が招集する。

(定足数)

第7条 委員会は、委員の過半数が出席しなければ会議を開くことができない。

(表決)

第8条 委員会の議事は、出席委員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

(代理)

第9条 委員は、病気その他止むを得ない理由により、委員会に出席できないときは、他の委員を代理人として議決権を行うことができる。

(非公開)

第10条 委員会の会議は、公開しない。ただし、組合長及び副組合長は、委員長の許可を得て会議に出席し、意見を述べることができる。

(会議録)

第11条 委員長は、会議録を調整し、会議の次第及び出席委員の氏名を記載しなければならない。

2  会議録には、委員長及び委員長の指名する委員1人が署名しなければならない。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和30年4月1日に遡つて適用する。

附 則(昭和32年6月27日規則第3号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和32年6月8日から適用する。

附 則(昭和46年10月12日規則第3号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和46年4月1日から適用する。

附 則(昭和50年2月12日規則第2号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和49年12月1日から適用する。